img_02

合宿免許で免許を取得するメリット

運転免許を取得する方法には、自動車学校に通学する方法と合宿免許があります。

自動車学校に通学する方法は、普段の生活を行いながら、運転免許取得のための学科や技能の教習を受けていきます。



合宿免許は、運転免許を取得することを目的に3週間ほど泊まり込みを行います。

日々の生活を続けながら運転免許を取得する訳ではないため、まとまった時間が取れないと出かけることは難しいです。

ただし、学生など、長期休みがある人は合宿免許で免許を取るのがおすすめです。
おすすめの理由には色々ありますが、まずは、通学しながら運転免許を取得するよりも効率良く取得できる点が挙げられます。

通学の場合、教習所が混雑している時期は、特に技能教習においてはなかなか予約が取れない場合があります。

そのため、どうしても通う日数が長期化してしまいがちです。



その点、合宿免許なら、一定期間の中でスケジュールが組み込まれているため、技能教習の予約を取る必要もありません。

また、費用の面でも通学に比べてかなり安くなっています。



通学の場合でも合宿の場合でも、学校に入校するタイミングによって料金が異なるのは同じですが、通学の方が全体にかかる費用は高くなります。
合宿なら、食費や宿泊費も込みの値段で、通学よりも安い値段が設定されていることが多いです。
さらに、技能教習で時間オーバーしても追加教習代を取られない、いわゆる保証付きの場合も合宿免許においては多く見られます。